美容税理士@名古屋HOME > 健康サロンの方へ

健康サロン

成功している接骨院とは?

近所の接骨院の院長がベンツやBMWを乗りまわす時代は、もう昔の話です。
1998年まで14校だった柔道整復師の養成所が、2011年には108校に急増したことをうけ、現在では医師の養成数に匹敵する毎年約7,000人以上が卒業する事態となっているからです。1998年からの10年間で、柔道整復師数、接骨院数ともに5割増という急成長を遂げています。この2年間では4,000件の新規開業があり、平成20年の施術所数は34,839カ所にも上りました。
その結果、近隣に接骨院が乱立し、過当競争が始まっているのが実状です。加えて、保険組合からの監査も厳しくなり、経営環境としては難しくなっています。

とは言え、このような状況の中でも戦略的で誠実な経営・施術を行い、繁盛している接骨院も数多く存在します。
では、そのような成功している接骨院と、その他の接骨院では何が違うのでしょうか?
 

繁盛している健康サロンの7つの条件

1.治療機器やホームページなどの最適な投資

治療機器への投資はもちろんのこと、これだけ競争が激しい今、規制や法律の範囲内で集患施策を打つことは必要不可欠です。例えばホームページは、現在のところ広告規制の対象外となっており(院内掲示物と同じく受身媒体のため[接骨院ネットワークさん参照])、業界マナーを守った上で活用することは、時代背景的にも非常に有効だと思われます。岡部会計事務所は、過去の実績や未来の目標との比較から、今すべき投資についての判断材料をご提供致します。


2.立地や接客、営業日などの戦略的な差別化

岡部会計事務所は、提携している宅建業者・不動産関連会社によるコンサルティングを始め、患者様目線でのご提案を行います。(実際、所長の岡部は、近所の接骨院やマッサージサロンにも通院しています。)


3.明確で具体的な目標と経営方針

具体的な目標を持たない行き当たりばったりの経営ではなく、岡部会計事務所は院長と一緒に明確な目標や経営計画を立て、その実現に向けてサポート致します。


4.合法的な節税対策と無駄なコストの削減

岡部会計事務所は、名古屋での50年の実績とノウハウをもとに、合法的な節税対策で院長の利益を守ります。
また、税務上の売上計上時期は、いつ入金があったかに関わらず、治療が終了した時点となります。もし、入金時点で売上にあげる会計処理をしていると、税務調査時に「売上計上漏れ」と指摘され、追徴課税が行われる可能性があります。後から思わぬ税金を負担することが無いよう、保険請求や自賠責についてはきちんと治療が終わった時点で売上に計上しましょう。


5.経営者思考

健康サロンの本業は「施術」ですが、いくら優れた技術を持っていたとしても、患者様が集まらなければ、事業としては成り立ちません。
つまり院長はマーケティングや会計の知識も持ち合わせた、「治療家」であると同時に「経営者」である必要があるのです。岡部会計事務所は、実績×数字×人間力で経営のサポートも致します。


6.効率的な経理作業

岡部会計事務所は未来型会計事務所として、インターネットを使ったパソコン会計(リアルタイムで会計事務所とやり取りができるシステム)を推進しています。パソコン会計は手書きの帳簿では無い為、わざわざ何かを書いたり集計したりするが必要なく、またお店まで帳簿を取りに伺う必要もありません。これにより、今までと比べて1/10程度の効率化とスピードアップを実現しました。


7.リスク管理

大半のお店は、院長がオーナーであるだけでなく同時に施術者でもあるため、院長の身体が資本となっています。もしその大事な身体に何かあったら・・・。岡部会計事務所では、ファイナンシャルプランナーの有資格者が、そのようなリスクに備えて、当面の運転資金や借入金返済資金、退職金の準備等のリスクマネジメントを行います。


〒466-0044
愛知県名古屋市昭和区桜山町4丁目85番地
受付時間:平日8:30~17:30
日曜祝日休み(土曜変則)